喜马拉雅音乐fm交流群

【有声小说】君の膵臓を食べたい(18)

联普日语社区2019-01-21 15:50:20

点击上方“联普日语社区”关注我们哦!


物语

(18)

はっきりと聞こえた彼女の頭のおかしな質問。振り返ると、店員が明確な困惑の表情を浮かべていたので、少しだけ笑ってしまう。笑ってから彼女なりのジョークなんだと気づき悔しくなった。自殺するのに無難、という彼女なりのジョーク。店員も僕も不意をつかれてまんまと困惑し、僕に至っては笑ってしまった。軽くやつあたりで大きさの違う釘を一本ずつ入れ替えて入れ物に戻し、困っている店員と背中が笑っている彼女に近づく。

我清楚地听见她脑袋秀逗的提问。我转过身,看见店员脸上困惑的表情,不由得笑出声来。一笑出来,我就发觉这是她故意讲的笑话,立刻后悔不已。分明要自杀却无伤,这是她的笑话。我跟店员都冷不防中了她的圈套,而我甚至还笑出声来。我把不同大小的钉子一根根插回不一样的位置泄愤,然后走向正在偷笑的她和不知所措的店员。

 

「ごめんなさい。彼女余命が残りわずかで、ちょっと頭がおかしくなっちゃってて」

“对不起,她就快死了,所以脑筋不太清楚。”

 

僕の助け船に店員は納得したのか、それとも呆れかえっただけか判じかねたけど、彼は僕らを残して自らの仕事に戻っていった。

不知道是我的话让店员豁然开朗还是大吃一惊,总之,他就走开去做自己的事了。

 

「もう、せっかく店員さんに商品を紹介してもらおうと思ったのに。邪魔しないで。もしかして私と店員さんの仲睦まじさに嫉妬しちゃったの?」

“真是的,本来要让店员介绍不同商品的,你不要来捣乱啊。难道你嫉妒我跟店员感情好?”

 

「あれを仲睦まじいっていうなら、誰もオレンジを天ぷらにしようとは思わないだろうね」

“那叫做感情好的话,就不会有人想把柳橙做成天妇罗了。”

 

「どういう意味?」

“什么意思?”

 

「意味ないこと言ったんだから追及しないでくれる?」

“这话完全没有意义,所以就不要再追问了好吗?”

 

彼女をイラつかせようと思って言ったのに、一拍置いて彼女はうわはははははっといつもより余計に笑った。

我本来是要惹毛她的,但她停顿了一下,就哇哈哈哈哈地笑得比之前还夸张。

 

なぜだか妙に上機嫌になった彼女は手早くロープを一本買い、それを入れておく可愛らしい猫の絵の付いたトートバッグも買った。鼻歌交じりにロープ入りのバッグを振りまわす彼女と一緒にホームセンターを出る。一体どんな愉快なホームセンターから出てきたのかと、周りの人々の誤解と注目を集めていた。

不知怎地,她心情好得出奇,很快买了一条绳子,还买了上面有可爱猫咪图案的袋子来装。我们走出零售中心,她一面哼着歌,一面晃动装着绳子的袋子,吸引了众人误解的视线。

 

「【秘密を知ってるクラスメイト】くーん、これからどうする?」

“‘知道秘密的同学’,接下来要干嘛?”

 

「僕は君についてきてるだけだから、特に目的はないけど」

“我只是跟着你而已,并没有什么特别的目的。”

 

「あれ、そうなんだ?どこか寄りたいところとかは?」

“咦,这样啊?你没有想去的地方吗?”

 

「強いて言えば、本屋かな」

“一定要说的话,就书店吧。”

 

「本買うの?」

“要买书?”

 

「いいや、用事もなく本屋に行くのが好きなんだ」

“不是,我喜欢逛书店,未必一定要买书。”

 

「へぇ、なんだかスウェーデンのことわざみたいだね」

“哎,怎么好像是瑞典的谚语啊。”

 

「どういう意味?」

“什么意思?”

 

「意味ないこと言ったんだから追及しないでくれるかな、うふふ」

“这话完全没有意义,所以就不要追问啦。嘻嘻——”

 

やっぱり彼女は上機嫌みたいだった。僕はただただいらっとした。相反する表情を浮かべながら、僕らは同ショッピングセンター内の大きな本屋に行くことにした。着いてから僕は彼女に構わずに小説の新刊コーナーに向かった。彼女はついてこなかった。久しぶりに手に入れた一人の時間を、僕は文庫本を眺めながら満喫する。

她果然好像心情很好,我却只觉得不爽。我们俩带着截然不同的表情,一起走向购物中心里的大型书店。到了书店我便不管她,径自走向文艺新书区,她并没跟上来。我一面浏览文库本,一面享受难得的独处时光。

 

何冊もの文庫本の表紙を眺めたり冒頭を読んだりしていると、知らないうちに時間が過ぎていた。本が好きな人間なら理解できるはずの感覚だけれど、全ての人間が本好きなわけではない。だから僕は腕時計を見て少しだけ罪悪感を持ちながら、店内で彼女を捜した。彼女はファッション雑誌を笑顔で立ち読みしていた。立ち読み中ですら笑顔を浮かべられるのは凄いと思う。僕にはできない。

我看了好几本文库的封面,翻阅开头的部分,时间不知不觉就过了。虽然这种感觉爱书人都能理解,但并非所有人都爱书。因此,我看了一下手表,带着一点罪恶感在书店里找她,她正笑着翻阅时尚杂志。我觉得站着阅读还能面带微笑,真是太厉害了,要我就办不到。


著作「君の膵臓を食べたい」から抜き出し  

著者  住野よる

图片来源|百度  (本音频由日语主播 阿雅 提供)


热门文章

6月15日“夏期講座”开始火热报名啦!多名日本外教带你狂练日语

6月20日“日语角”正式开启!免费活动!还有大量日本小伙伴喔!

【日本文学前导课】7月14日日本柞山老师将在联普翻译学习中心开讲日本文学

永旺总部招聘日语翻译,市中心上班!!

清华大学招聘日语翻译!!!

丰田招聘,最低只要N3!!!

速戳!日本驻华大使馆招聘中方雇员!学日语的小伙伴快进来!!